Home » コラム » 婚活を難しくしているのは自分では?

婚活を難しくしているのは自分では?絆ドットコム(kizuna.com)

category : コラム 2017.6.18


『婚活をしているけどなかなか良い相手に巡り合えません』『もう何人もの人と会ったけど…』という方、難しくしているのは自分自身かもしれません。むしろ、そう思うことが解決への近道です。
婚活で失敗してしまう人の例としては、基本的に相手のせいにしていること。
『会ってみたら想像以上に老けていた』『会話がかみ合わな過ぎた』『合コンをしたらタイプでない人ばかりだった』など。
しかし、こういう人に限って時間のかかる婚活をしています。
なぜなら、これらは相手が見つかる方の言動ではないからです。
性格的に人に好かれない人が、婚活で上手くいくとは思えないでしょう。
まずは、相手を否定してしまう『癖』直すことが、婚活で成功するためにも、人に好かれる方になるためにも大切です。


むしろ、毎回上手くいかない原因は何なのかと探ってみること。これが大切です。
例えば、お見合い申し込みが会っても、すぐに断る方、せっかくの申し込み一度受けてみてはどうでしょう。
会う前から見た目だけで自分のタイプじゃないからと断ると、本来の相手の姿、性格、考え方など良いところも、悪いところも気づかずに終わってしまします。
あなた自身がチャンスの扉を閉じてしまっています。まずは、入口を閉ざさず、開きましょう。
このように、全ての出来事には理由があります。
その理由の全ての原因が自身にあると考える必要はありませんが、8割~9割はあると考える事で大きく前進できます。
婚活を難しくしないためにも、モテる人(相手から好かれる人)としてよりよい人生を送るためにも『自分』を見つめ直してみましょう。

絆.COMでは、他の相談所との違いや婚活のアドバイス、今どきの結婚事情等を無料説明にてわかりやすく説明しています。
無料説明時にはセールス・勧誘などは一切しないのも絆.COMの大切な方針です。
下記メールかお電話にて、どうぞお気軽にご連絡下さい。
無料相談は完全予約制になっております。

写真

インフォメーション

   

営業日

 
Copyright(c) 2017絆ドットコム(kizuna.com) All Rights Reserved.